一日の半分は憂鬱で出来ている

アクセスカウンタ

zoom RSS 秀逸。

<<   作成日時 : 2008/10/05 10:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0





現実は小説より奇なりって言いますが、BLの世界ってマジでワンパターンなものが多いです。
始まりから結末まで、たいたい筋は読めます。
(もっとも、ストーリーさえ無いといってもいい様なものも多々ありますが)
なのに飽きないのは何故だろう〜不思議(笑)

そんな山も落ちも意味もないって評されるたっくさんの作品の中に、たま〜にビックリすくるくらいすごい表現をする作家さんが出るんですよね。

そういう作品はどこからともなく名前が伝わってきます。
雑誌も増えて、毎月膨大な数の本が出版されて、独身時代のように自分の為にお金を使えない今、そんな噂を頼りに厳選して本を買うのですが……
まぁ、たまには外すことは有りますよ。
萌えポイントはそれぞれ違いますから。
でも、今回、この作品は噂に違わず、すごい。

特に目立った事件もない、多分、短調でつまらないストーリー展開です。
なのに、こんなに泣けるのは何故だろう。

まるで美しい音楽と、美しいシーンを繋いだ映画を見てるみたいでした。

これぞBLの真骨頂。

ヨネダ コウ様、素敵な時間を有難う〜


キャラ的には小野田が好き(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
秀逸。 一日の半分は憂鬱で出来ている/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる